読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furudateのブログ

プログラミングやネットワーク系の知識・技術がメインのブログ。技術メモ帳的な感じになるかと。岩手から発信していきます。

【Android】Google Playへのアプリ公開の方法

こんにちは。

今回は初めて自分でGoogle Playにアプリを公開しましたので、その方法をメモしておきたいと思います。
色々なサイトで詳しく解説してあるのでメモる必要もあまりないかもしれませんが・・・。

デベロッパー登録

まずはDeveloper Consoleデベロッパー登録をする必要があります。

用意するものはクレジットカード(JCB以外)のみ。
デベロッパー登録には登録料として$25.00を支払う必要があります。
年会費などはないので、お金が発生するのはこの時のみです。

基本的には画面の通りに進めていけばいけると思います。
デベロッパー名はPlayストアに公開されます。
それ以外のメールアドレス等は公開されません。
なお、各項目は登録後に修正可能ですので、あまり深く考えなくても大丈夫です。
また、クレジットカードはJCBは対応していないので、JCB以外でやりましょう。
(自分はJCBがメインなので少し残念でした笑)


公開用アプリ(apkファイル)の作成

デベロッパー登録が終わったら公開用のアプリの作成を行います。

公開用apkファイル作成

apkファイルを作る前に、以下の点についてAndroidManifestを確認をします。

<application android:icon="@drawable/icon" 
             android:label="@string/app_name" 
             android:debuggable="true">
  • 不要なpermissionがある場合、削除する。
  • アプリ名に改行を入れていないか確認する。


AndroidManifestの確認が終わったら実際にapkファイルを作っていきます!

  • Eclipseのパッケージエクスプローラーのプロジェクトを右クリックし、[Android Tools → Export Signed Application Package]を選択
  • Export Android Application が起動するので、プロジェクトを参照して次へ
  • Create new keystore を選択
  • ロケーションにはkeystoreのパスを参照します。
    • 好きな場所(分かりやすい場所)に「プロジェクト名.keystore」という名前でファイルを保存します。
  • パスワードを入力し、確認欄にも入力して次へ(keystoreにかけるパスワード)
    • ここで入力したパスワードはアプリのアップデートをする際に必要になるので絶対に忘れないようにしてください。
  • Key Creation 画面で各項目を入力
    • エイリアスにはKeyの名前(プロジェクト名でOK)
    • パスワードは前と同じでも良いができれば違うのが望ましい(自分はいつも同じにしています)
    • Validity には使用期限を入力。25以上じゃないといけない(1000とか適当な数字でOK)
    • First and Last Name にはデベロッパー名でOK
    • 組織単位と組織は省略してOK
    • City or Locality は都市名(Moriokaとか)
    • State or Province は県名(Iwateとか)
    • Country Code には jp を入力
  • 好きな場所にapkファイルを保存して終了!

Developer Consoleにアプリを登録

登録には以下のものが必要になります。

用意するもの
  • スクリーンショット(2枚以上)
  • アプリのアイコン
    • こちらのサイトは作った画像を元に各サイズのメニューアイコン及びPlayストアのアイコンも自動で作成してくれるのでおすすめです!
  • アプリの公開用apkファイル
アプリの登録
  • 「新しいアプリを追加」をクリックし、デフォルト言語とアプリのタイトルを入力
  • apkファイルをアップロード
  • 「ストアの掲載情報」で各項目を入力
    • 説明はPlayストアに実際に載るアプリの説明文です。
    • プロモーションテキストは省略してOKです。
    • 最近の変更点には、更新情報を書けばOKです。(例:2013/09/06 Ver.1.0 公開)
    • Screen Shot には、2枚以上をアップロードします。タブレット向けのところは省略してもOKです。
    • 高解像度アイコンにPlayストア用アイコン画像をアップロードします。
    • 宣伝用画像とプロモーション画像・動画は省略OKです。
    • アプリのカテゴリーとコンテンツレーティングを入力します。
    • 連絡先情報を入力します。これもPlayストアに載ります。電話番号は入力しなくてOKです。
    • ポリシーへのリンクは、「今回はプライバシーポリシーのURLを送信しない」にチェックを入れます。
  • 「価格と販売/配布地域」の各項目を入力
    • 教育向けGoogle PlayはチェックしなくてOKです
    • 同意事項のところは、「コンテンツガイドライン」、「米国輸出法」にチェックを入れます。「マーケティングの除外」は入れなくてもOKです。

すべての項目を入力し終えたら、右上の保存ボタンをクリックします。
(間違ってもそのまま他のページに飛ばないで下さい...)
そして、アプリのところに戻りステータスを公開にすると、2,3時間後に公開されます!!

以上が公開までの流れです。



公開したアプリのアップデート

ついでに公開したアプリのアップデート方法も記載しておきます。

  • AndroidManifest の android:versionName と android:versionCode を変更
    • android:versionName は好きなバージョン名(例:1.0.1, 2.0)
    • android:versionCode は何回目のアップロードがを表す整数
  • 公開用apkファイルを作成
    • keystore は Use existing keystore を選択し、前回作成したものを使います。
  • Developer Console で作成したapkファイルをアップロード


以上です。
それでは。